岡野あつこ マリッジアドバイザー養成科

離婚カウンセラー・岡野あつこ校長の社会貢献無料講座。緊急人材育成支援事業・基金訓練で「マリッジカウンセラー、ブライダルプランナーのスキルを学んで幸せづくりのプロになろう!」婚活ビジネス、結婚相談所や結婚生活サービスに関わる業務知識。お客様・相談者とのコミュニケーションとカウンセリング手法。接客・販売員・カウンセラーとしてのホスピタリティー&マナー演習 等。

2007年06月

スクール大阪校・2期生スタート!

東京、梅雨入りしましたね。
その宣言通り、雨がぱらついている代々木界隈です。
実は昨日、今度は私が引っ越しをしたので、昨日「梅雨入り」で、雨が降らなくて良かった…。

そういうところ、我ながら強運だなぁと思う今日この頃なのです。
自慢じゃないですが、私は「こうしたい!」と強く願うと、魔法でもかかったように実現することが、本当に多いんですよ。

最近で言えば、そう、大学院生になれたことなどは、その最たるものです。

そして、古くは離婚カウンセラーを始めた頃、「もっと有名になって、この仕事を世間に認知させたい」という思いから、とにかく本を出したい! と常々言っていたところ、ひょんなところで編集者を紹介してもらえることになり、晴れて出版にこぎつけたこと。

そして、それが起爆剤となって、おかげさまでいろいろなメディアから取材依頼がくるようになり、話題性とともに『離婚カウンセラー』という職業が一般に認知されていくようになっていったわけです。そしてその影響で「離婚カウンセラーになり、人の力になりたい」という方からの問い合わせも増えました。

そんな、未来の離婚カウンセラーを育成するプロジェクトとして、私が展開しているのが『実践罹患カウンセラー養成スクール』です。

先週の土曜日に、その大阪校の講座がスタートとなりました。


養成スクール大阪校1

養成スクール大阪校2

養成スクール大阪校3








東京、青山で始めたこのスクール、東京校は現在4期生が受講を始めています。大阪校は今回が第2期。
熱心な生徒さんたちに、私も直接教えていきたいので、これからしばらくは、スクールのある日は大阪にも出向いて、私のノウハウをどんどん伝授していこうと思っています。

教えたり、取材を受けたりする立場にも立つ一方で、新たなステージを目指して学ぶ立場にもある今の生活は、本当に充実していますよ(^_^)b


さてさて。


そうはいうものの、やっぱり仕事や勉強ばかりじゃなく、息抜きや遊びのひとときもないと、やっぱり人間、たまっちゃいますよね。
そんなわけで、出張などで地方に出向いてがんばったあとは、しばし仕事を忘れて、オフタイムを楽しむことにしています。

このあいだは、倉敷まで足を伸ばしてきました。


ムラタくんと













じゃーん! どうです、このイケメン男子(*^_^*)
実は彼はムラタくんといって、昔、私の事務所で働いていてくれた人なんです。
もともとは、本当に俳優さんだったんですよ。
このムラタくんが、今は倉敷にいるというので、久々に会いに行き、ムラタくんの案内で倉敷見物してきました♪

大原美術館

旅館倉敷

旅館倉敷の前で













一番左の建物は、日本で初めて西洋美術や近代アートを展示した美術館として知られる大原美術館。倉敷の「美観地区」の一角でもあるだけに、なんだか荘厳な趣が漂っていました。

そして、その美観地区にある、倉敷伝統の建築様式を今に伝える旅館。『旅館くらしき』のたたずまい。
もちろん今も現役営業中の、古式ゆかしいお宿です。

「ここで、旅の情緒に浸りたい!!」

と、だだをこねたくもなりましたが、そこはぐっと我慢して、気分だけパチリ(笑)
ちなみに私が泊まったところは、ごくごくフツーのビジネスホテルでした(;_;)

でも、いいんです。
イケメン・ムラタくんが、ジェントルにお酌をしてくれ、倉敷グルメに舌鼓を打ってきましたから( ^-^)_旦~(^。^)

それで十分。
ええ、十分ですとも(-_-)

いやホントに、ムラタくん、ありがとう☆

ルチアーノ、「第4章」へ…

もう6月に入っちゃいましたね、2007年。
やれ2007年問題だ、年金分割で熟年離婚が激増する!?…などと騒いでいるうちに、もう上半期最終月ですよ!


…早い。


この勢いでいくと、明日、目が覚めたら、年が明けてるかも知れません(笑)

さてさて、そんな6月と言えば、衣替えの季節でもあります。
私をとりまく環境も、6月を境に軒並みリフレッシュ(^_^)b

とくに、この6月を機に、岡野あつこの台所(笑)だった、イタリアンレストラン『ルチアーノ』を、リニューアルしようか、と考えています。

ルチアーノ外観

ルチアーノ店内

ルチアーノメニュー








ちょうど2年前の今頃、初代シェフ、山野辺シェフを迎えてスタートしたルチアーノ。
家庭的な雰囲気と、本格イタリアンを提供するお店として、ここまで展開してきました。
その間、2代目・田代シェフ、そして現在の、3代目羽鳥シェフへとバトンタッチしつつ、代々木のグルメたちに舌鼓を打たせ、カラットパーティーの会場としていくつもの出会いを演出し、そして、私のおなかを満たしてくれてきました。

…がっ。

すいません、私、2年間もイタリアンばかり食べ過ぎました(笑)。
それで、ちょっと、店の雰囲気を変えてみたくなったんです。

そこで、ここまでがんばってくれた羽鳥シェフのねぎらいも兼ねて、シェフと一緒に、自由が丘の『マリスコス・BOO』という、ちょっとお洒落な南欧の香りがするお店に行ってみました。

bb












ルチアーノとさほど変わらない広さのお店ですが、さすが自由が丘に店を構えているだけあって、気さくながらも洗練された雰囲気と料理が楽しめ、羽鳥シェフも「いい感じッスね!」と興味深げ。
イタリアンの料理人としてやってきた羽鳥シェフですが、いろいろインスピレーションを受けたようで、ルチアーノ「第4章」は、イタリアンの枠を超えた発想でやれたらいいね、と構想はいろいろふくらんでいくのでありました。

羽鳥シェフと乾杯!








ともあれ、この日は「お客」として、楽しげな羽鳥シェフと「お疲れさま!」の乾杯。
そして、梅雨の季節を経て、ルチアーノは「第4章」へとページをめくります。

さぁ、どんな店になるか?

それはまた、近日お知らせしようと思います(^^)v


マリッジアドバイザー養成科 講師著作


  • SEOブログパーツ




seo great banner

  • ライブドアブログ