岡野あつこ マリッジアドバイザー養成科

離婚カウンセラー・岡野あつこ校長の社会貢献無料講座。緊急人材育成支援事業・基金訓練で「マリッジカウンセラー、ブライダルプランナーのスキルを学んで幸せづくりのプロになろう!」婚活ビジネス、結婚相談所や結婚生活サービスに関わる業務知識。お客様・相談者とのコミュニケーションとカウンセリング手法。接客・販売員・カウンセラーとしてのホスピタリティー&マナー演習 等。

2006年01月

●女性と年金●年金分割には夫婦の合意が必要

 2007年(平成19年)4月から離婚時の年金分割制度が、2008年(平成20)4月から第3号分割制度がそれぞれ実施されます。離婚カウンセラーである私のところにも、これらに絡んだ相談が目立つようになってきました。年金の仕組みは実に複雑かつ難解ですね。そこで、夫婦関係に悩みを抱える皆さんに是非とも知っておいていただきたい“年金問題”を、なるべく分かりやすい形でお伝えしていきます。第2回は…

 2007年4月から始まる年金分割は、2008年から始まる第3号分割制度の前段階と考えましょう。現在、夫婦共働きのご家庭が多くなっており、ご夫婦で厚生年金に加入しているケースも多いかと思います。しかし、夫婦間の収入は夫の方が妻よりも多いのが一般的。つまり、夫婦間で所得格差が生じているわけです。これは、夫の厚生年金の額が妻よりも多くなることを意味します。
 07年4月からの始まる制度は、こうした格差を是正するため、夫が離婚までの婚姻期間中に納めた保険料に相当する厚生年金を、夫婦で分割できるようにするものです(妻の収入が多ければ夫への厚生年金の分割になります)。

 まず、忘れてはいけないのが、この制度は離婚したからといって自動的に適用されるわけではない、ということ。つまり、社会保険事務所に「年金を分割することにしました」と請求しなければならないわけです。
 加えて重要なのは、この年金の分割には夫婦の合意が必要だということ。“妻は立場的に弱い”とはいえ、夫にも自分の生活があります。ですから、お互いに話し合って、分割の割合を決めましょう、という考え方です。按分割合の上限も決まっており、最大で2分の1。簡単にいえば、“夫婦で受け取るはずだった年金を折半してください”ということになります。

 ここで問題になるのは、言うまでもなく“合意”です。自分が受け取れるはずだった年金のうちかなりの割合を、別れる妻にすんなりと渡す夫は少ないでしょう。ゴネるか、渋るか、無視されるか。いずれにせよ、もめる可能性は相当に高いと思います。
 合意がまとまらない場合、どうすればいいのかというと、裁判所の決定に委ねることになります。前例がないので、裁判所がどういう判断をするのかは未知数。“上限額を勝ち取るのは難しいのでは”と囁かれていることを付け加えておきます。
 
 『年金分割』は離婚を考える女性にとって、強い味方となってくれるものです。しかし、過ぎた期待は禁物。“自分のケースでは果たしてどうなるのか”を冷静に判断する意味でも、社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの方に相談してみることをお薦めします


■今回のポイント■
07年の年金分割は夫婦の合意が必要。裁判も覚悟するべき

★お知らせ★通学コース開講!『離婚カウンセラー養成スクール』説明会を開催

私、岡野あつこが運営する『離婚カウンセラー養成スクール』では、
新たに「通学コース」を開講しました!

下記の日程で面接を兼ねた説明会を開催いたしますので、
離婚カウンセラーという仕事に興味がある!」という方、
お問い合わせの上、ぜひご参加ください。


■日時■ 2月2日(木)午後1時〜

■会場■ 岡野あつこ青山事務所(地図はこちら

■定員■ 20名

●お申し込み→TEL 03-5365-2303東京離婚カウンセラー養成協会

※参加費は無料です。必ずお電話でご予約の上、お越しください。
※結婚経験のある方に限らせていただきます。
※ご来場の際は筆記用具をご持参ください。

お待ちしています(^^)

★お知らせ★『岡野あつこの15周年記念パーティ』のご案内!

来る2月9日(木)午後7時から、ANA HOTEL TOKYO(東京全日空ホテル)にて、
私、岡野あつこの“離婚カウンセラー開業15周年&出版記念パーティ”を開催することになりました!

これは、15周年のけじめとさらなる飛躍を目指すとともに、
1月発売の13冊目の著作『ウソつきは、幸せのはじまり』(幻冬舎刊)の発刊を記念したもの。
ビジネス、出版、マスコミ関係の方々を多数お招きし、お祝いいただく予定です(^^v

この記念すべき催しに、いつも当ブログをお読みくださっている皆さまにも、
ぜひご参加頂きたいと考えました。
ナマ岡野に会いたい!
離婚カウンセラーという仕事に興味がある!
人脈を拡げたい!
異業種交流したい!」などなど、
前向きな貴方にピッタリのパーティになるはずです。
ぜひお越しになってくださいね(^^)

皆さまにお会いできるのを楽しみにしています!


●くわしい内容はこちらをクリック!→『岡野あつこの15周年パーティのご案内


カラットクラブでいつも開催している“出会いのパーティ”ではありませんので、お間違いなく。

★お知らせ★『離婚カウンセラー養成講座』の説明会を開催!

ご好評をいただいている『離婚カウンセラー養成講座』の説明会を、下記の日程で開催いたします。


■日時■ 1月21日(土)13時〜15時

■会場■ 岡野あつこ代々木事務所(地図はこちら

●お申し込みは→TEL 03-5365-2303(東京離婚カウンセラー養成協会
※必ずお電話でご予約の上、お越しください。

離婚カウンセラー』は、相談者の心を癒し、問題点をともに考え、幸せに導くアドバイザーです。離婚件数の急激な増加により、いま人材が求められています。年齢・性別は関係ありません。大切なのは人間性と人間力。貴方の経験とパーソナリティを最大限に活用できる社会的意義の高い仕事『離婚カウンセラー』を目指してみませんか? 私・岡野あつこが貴方をバックアップします。まずは説明会で話を聞いてみてくださいね。

席数に限りがありますので、お申し込みはお早めに!


●くわしい内容はこちらをクリック→『離婚カウンセラー養成講座

離婚回避3カ条!

お正月休みに続く3連休、いかがお過ごしですか?
昨日、私も出演した情報バラエティ『「熟年離婚」回避スペシャル〜危険度チェック完全版〜』(東海テレビ)が、フジテレビ系列で放送されました。
ご覧いただけましたか?

「熟年離婚」回避スペシャル

「熟年離婚」回避スペシャル

「熟年離婚」回避スペシャル







番組は“スペシャル”の名に相応しく、名倉潤さんと中島知子さんを司会に、「ダンナ代表芸能人」として中尾彬さん、中山秀征さん、高橋ジョージさん、野々村真さん、出川哲朗さん、長井秀和さんが、「妻代表芸能人」として奈美悦子さん、松居一代さん、松本伊代さんが顔を揃えた豪華版。ここに、弁護士の八代英輝さんと離婚カウンセラー・岡野あつこが“離婚問題のプロ”として出演しました。

出演メンバーの顔ぶれからも予想できるように、激しいトークバトルで番組はヒートアップ! 最期は、私・岡野あつこが提案する『離婚回避3カ条』を男性陣全員で唱和して幕を閉じました。

え? 出かけていてうっかり見逃してしまった?
うーん、わかりました。では、当ブログ読者の皆さんだけに、特別に、『離婚回避3カ条』を伝授いたしましょう!



 〜離婚回避3カ条

一、『妻の話は蜜の味
 妻にとって夫が話を聞いてくれないのは最大のストレス。
 蜜の味と思って聞くべし!

一、『「ありがとう」声に出さなきゃ意味がない
 妻の仕事を評価し、さらにそれを「ありがとう」という言葉で伝えるべし!

一、『ちょっとの手伝い 大きなリターン
 少しでも妻の家事や育児などを手伝えば、
 やがて夫への優しさとなり、大きく返ってくる!


世のダンナは皆、一日一回は声に出して読み、頭に叩き込みましょう(妻の皆さんはダンナに読ませること!)。いまそこにある危機を回避して、平和で暖かい家庭を維持してくださいね!



また、現在発売中の『読売ウイークリー』の巻頭特集は“40歳からの離婚で「得する妻」”。タイトルの通り、40歳からの熟年離婚を検証しています。私・岡野あつこも専門家としてアドバイスを寄せていますので、ぜひ読んでみてくださいね!


読売ウイークリー

あけましておめでとうございます!

新年、あけましておめでとうございます。
皆さまにとって幸多い年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。

昨年はテレビドラマの影響もあり、「熟年の離婚」が大きくクローズアップされました。残念ながら、この問題は一過性の“ブーム”で済むわけがありません。それどころか、刻一刻と深刻になっていると言えるでしょう。また、離婚する層が熟年に移り、若年層や壮年層の離婚問題が沈静化したわけでも、もちろんありません。離婚に関する問題は、年齢を問わず拡大の一途を辿っており、それがふつふつと表面化してきているのです。

「離婚問題は成熟社会の宿命」という人がいます。たしかにその通りかもしれません。しかし、十羽一絡げで論じてしまうのは焦点をぼかすだけ。解決には結びつかず危険です。抱えている問題は、ひと組ひと組、ひとりひとり、全て異なっているのですから。私・岡野あつこは、悩める貴方の力となれるよう、より一層頑張っていく心算です。


今年もどうぞよろしくお願いします!


マリッジアドバイザー養成科 講師著作


  • SEOブログパーツ




seo great banner

  • ライブドアブログ